新たなサービスコンセプト「Communication-Rebuild」を発表 ~5つの視点でビジネスコミュニケーションに改革を~

新たなサービスコンセプト「Communication-Rebuild」を発表 ~5つの視点でビジネスコミュニケーションに改革を~

2014年のサービスリリース以降、2016年に1,000社、2017年に2,000社、そして2018年8月時点で利用社数3,000社と着実に成長を続けているワウテックのサービス、ビジネスチャット「WowTalk(ワウトーク)」。 このたび、2019年1月より、新たなサービスコンセプト「Communication-Rebuild」を掲げ、「言語」「距離・時間」「個性」「温度・感情」「経験」という5つの視点からビジネスシーンにおけるコミュニケーション課題をクリアにし、より快適かつスムーズな職場環境の醸成に貢献できるように尽力していくことを発表いたしました。  

◆新たなサービスコンセプト「Communication-Rebuild」に込められた想い

  このたび、ワウテックでは従来からご利用いただいている方はもとより、さらに多くの方にビジネスシーンでご利用いただけるように、新たなサービスコンセプト「Communication-Rebuild」を掲げて、「言語」「距離・時間」「個性」「温度・感情」「経験」という5つの角度からビジネスシーンにおけるコミュニケーション課題をクリアし、さらに生産性向上に資する機能開発・追加を進めていきます。  

◆サービスコンセプト誕生の背景について

2014年のサービスリリース、そして2017年のワウテックとしての分社化を機に、「ビジネスに新しい驚きを」という企業ビジョンに沿う形で「ユーザーから寄せられる声」や「日々進化し続けているIT技術からくるニーズ」から、お客様にとって最適なものは何かと議論を重ね、これまでのサービス成長につなげてきました。 こうした背景の中、新たにワウテックが提供するビジネスチャット「WowTalk」だからこそ網羅されている、解決できるコミュニケーション課題があるのではないか、という強い想いから、新たなコンセプトを発表しました。 皆様にとってわかりやすく、私たちワウテック社の方針・サービスの強みというのご理解いただけるようにしていきたいと考えております。  

◆Communicationにおける5つの視点とは

ビジネスチャット「WowTalk」は、「言語」「距離・時間」「個性」「温度・感情」「経験」という5つの視点からビジネスにおけるコミュニケーション課題をクリアにし、ユーザーが職場において、”よりスムーズ” “よりスピーディ” に情報交換・連携が図れるようにサポートいたします。 そこで、まず第1弾として「言語=翻訳機能」の実装により、外国人労働者を中心とした多様性に対応したコミュニケーション環境をご提供いたします。また、「距離・時間=Googleカレンダー機能との連携」により、ビジネスパーソン間のスケジュールや行動の共有をさらに見える化し、よりスムーズなコミュニケーションの実現を目指します。これらの機能実装近々で予定しております。ご期待ください。  

◆今後のビジネスチャット「WowTalk」について

  冒頭でも触れたとおり、多くのビジネスシーンでご利用いただけるように、ワウテックでは新たなサービスコンセプト「Communication-Rebuild」に沿った機能開発・追加を進めていきます。 いずれも、その軸となるのは「言語」「距離・時間」「個性」「温度・感情」「経験」という5つの視点であり、コミュニケーション課題を1つでも多くクリアにして、より快適な職場環境、さらには業務効率の最大化という観点でもお役立ちできるように尽力していきます。今後の機能開発・追加にご期待ください。    

2019-01-09T10:52:51+00:00 2019.01.08|お知らせ|